Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト

スゴ腕エージェント、イーサン・ハントの活躍を描く、トム・クルーズ主演の大人気スパイ・アクションシリーズ第6弾。何者かに盗まれたプルトニウムによる同時核爆発を未然に防ぐというミッションに、イーサンとIMFのチームが挑む。前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に引き続き、クリストファー・マッカリーが監督を務める。キャスト:トム クルーズ, ヘンリー カヴィル, ヴィング レイムス, ヴァネッサ・カービー

 ・ amazon : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 ・ amazon prime : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 ・ Hulu : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 ・ U-NEXT : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 ・ dTV : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト
 ・ Youtube : Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト

Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウトのあらすじ

IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)のエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を⽬前にしていた。だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。この事件の裏側には、シンジケートの⽣き残り勢⼒が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、⼿がかりはジョン・ラークという正体不明の男の名前と彼が接触するホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)と呼ばれる謎めいた⼥の存在のみ。だが今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を監視役に同⾏させることを条件とした。イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)”の脱⾛に⼿を貸すが、その影響で味⽅の⼥スパイ、イルサ(レベッカ・ファーガソン)と対⽴してしまう。⼀⽅、同⾏するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、2⼈はやがて対決の時を迎える。やがてタイムリミットが刻⼀刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻ジュリア(ミシェル・モナハン)の命まで危険にさらされる等、いくつものフォールアウト(影響)がイーサン・ハントに降りかかる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Jack Reacher (2012) / アウトロー

  2. Mission: Impossible II (2000) / ミッション:インポッシブル2

  3. Mission: Impossible – Rogue Nation (2015) / ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

  4. Knight and Day (2010) / ナイト&デイ

  5. Jack Reacher: Never Go Back (2016) / ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

  6. Top Gun: Maverick (2020) : トップガン: マーヴェリック

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。