Jack Reacher (2012) / アウトロー

『アウトロー』(原題: Jack Reacher)は、リー・チャイルドの全米でベストセラーとなっているジャック・リーチャーシリーズ9作目の2005年の小説『アウトロー』(原題: One Shot)を原作とした2012年のアメリカ合衆国の映画である。クリストファー・マッカリーが監督と脚本を務め、トム・クルーズが主人公のジャック・リーチャーを演じる。

 ・ amazon : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ amazon prime: Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ Apple : アウトロー (字幕/吹替) – Christopher McQuarrie

 ・ Hulu : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ Netflix : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ U-NEXT : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ dTV : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ GYAO : Jack Reacher (2012) / アウトロー

 ・ Youtube : Jack Reacher (2012) / アウトロー

Jack Reacher (2012) / アウトローのあらすじ

ペンシルベニア州ピッツバーグ、男が運転する白いバンがアレゲニー川沿いにあるPNCパークの対岸の立体駐車場に入り、駐車料金を払った後スナイパーライフルで無差別に人々を狙撃していく。
すぐに警察が到着し、エマーソン刑事たちは薬莢と支払いに使われた硬貨を発見する。硬貨の指紋から元アメリカ陸軍のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が容疑者として浮上する。彼の家に突入するとバンと犯行に使われたライフルが見つかり、バーは逮捕された。
エマーソン刑事(デヴィッド・オイェロウォ)と地方検事のアレックス・ロディン(リチャード・ジェンキンス)による取り調べの中で、バーはメモ帳に「ジャック・リーチャーを呼べ」と書く。ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は元米軍憲兵隊捜査官で、現在は流れ者となっていた。リーチャーはバーや狙撃事件のニュースを見た後、ピッツバーグに着く。リーチャーは、証拠の提示は拒否されたが、バーに会うことは許された。バーは、護送中に他の受刑者から暴力を受け昏睡状態に陥っていた。そこでリーチャーは、バーの弁護士で地方検事の娘であるヘレン・ロディン(ロザムンド・パイク)と会う。

関連記事

  1. Mission: Impossible – Rogue Nation (2015) / ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

  2. Mission: Impossible – Fallout (2018) / ミッション:インポッシブル/フォールアウト

  3. Jack Reacher: Never Go Back (2016) / ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

  4. Days of Thunder (1990) / デイズ・オブ・サンダー

  5. Tropic Thunder (2008) / トロピック・サンダー/史上最低の作戦

  6. American Made (2016) / バリー・シール アメリカをはめた男

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。