カクテル (1987) : Cocktail

『カクテル』(原題:Cocktail)は、1988年のアメリカ映画。
ヘイウッド・グールドの同名小説を映画化した作品で、トム・クルーズのスマイルと、フレアバーテンディングによるカクテル作りの派手なパフォーマンスでヒットを博した。

監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:トム・クルーズ、ブライアン・ブラウン、エリザベス・シュー

 ・ amazon video : Cocktail (1987) / カクテル

 ・ Apple : カクテル (字幕版) – ロジャー・ドナルドソン

Cocktail (1987) / カクテルのあらすじ

兵役あがりのブライアン(トム・クルーズ)は一攫千金を夢見てニューヨークに降り立つが、就職活動は難航し、ふとしたきっかけでバーテンダーのアルバイトを始める。オーナーのダグラス(ブライアン・ブラウン)とコンビを組み、派手なバーテティングで評判を呼んで快調な滑り出しをみせるが、やがて二人は仲違いし、別々の人生を歩んでいく。

Cocktail (1987) / カクテルのストーリー

野望を胸にニューヨークへやってきたブライアン・フラナガン(トム・クルーズ)は、学歴の低さが災いして、目指す大企業入社がままならず、すっかり落胆していた。そんな折ブライアンは、ふとマンハッタンのカクテル・バーの求人広告を目にし、昼間は大学に通いながら、夜はオーナーのダグ(ブライアン・ブラウン)から踊るようなリズミカルなバーテンダー・テクニックを教わり働くようになると、たちまち界隈きっての人気バーテンダー2人組になる。しかし、ブライアンのガールフレンドにダグが手を出したことから2人は大喧嘩、コンビは解散を余儀なくされる。2年後ジャマイカの浜辺でシェイカーを振るブライアンは、そこで画家志望の娘ジョーダン(エリザベス・シュー)と出会い、やがて恋におちるが、そんな彼のもとに大富豪の娘と結婚し、悠々自適の生活を送るダグが現われ、ブライアンは彼への見栄からニューヨークの女実業家ボニー(リサ・ベインズ)と情事を持ってしまう。ところがその現場をジョーダンに目撃され、彼女はブライアンの前から姿を消した。ニューヨークに戻ったブライアンは、ジョーダンの勤めるレストランを訪ねるが、彼女から冷たくあしらわれ、失った恋の重さを知るのだった。そしてボニーとのニューヨークの生活に次第に焦燥を募らせるブライアンは、あるパーティの席でそれを爆発させてしまい、2人の関係は壊れた。ブライアンはジョーダンとの真実の愛に生きるため彼女の家を訪ねるが、実は彼女は資産家の娘で、ブライアンは門前払い同然追い返される。そんな彼に追いうちをかけるかのようにダグが自殺する。愛のない金だけの空虚な生活に疲れたというのだ。ショックをうけるブライアン、しかし今、ジョーダンを手放せば自分が駄目になってしまうと悟った彼は、再びジョーダンの家に押しかけ、やがてブライアンの真実にほだされたジョーダンは、彼との愛に生きる決意をするのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 卒業白書 (1983) : Risky Business

  2. Interview With The Vampire :The Vampire Chronicles (1994) / インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

  3. トップガン (1986) : Top Gun

  4. アウトサイダー (1983) : The Outsiders

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。