Born on the Fourth of July (1989) / 7月4日に生まれて

『7月4日に生まれて』(原題: Born on the Fourth of July)は、1989年制作のアメリカ映画。
ロン・コーヴィックの同名の自伝的小説を映画化した作品で、ベトナム戦争を扱った戦争映画。
オリバー・ストーン監督。トム・クルーズ主演。1989年のアカデミー賞において、監督・編集の2部門を受賞している。トム・クルーズは役作りのため、約1年間車椅子に乗って生活した。

 ・ amazon prime : Born on the Fourth of July (1989) / 7月4日に生まれて

 ・ Youtube : Born on the Fourth of July (1989) / 7月4日に生まれて

Born on the Fourth of July (1989) / 7月4日に生まれて のあらすじ

7月4日の独立記念日に生まれ、第二次世界大戦の勇士である父を誇りに思うロン・コーヴィック(トム・クルーズ)は、高校卒業後に海兵隊に入隊し、13週間の訓練の後にベトナム戦争に従軍する。
そこでの戦いは熾烈であり、ベトコンの攻撃にパニックになったロンは部下のウィルソンを誤射して死なせてしまい、遂にロン自身も銃弾に倒れ脊髄を損傷、下半身不随となる。
故郷に戻るロンだが、アメリカで彼を待っていたものは、国を守る英雄としての賞賛の言葉ではなく、非難と嘲笑の嵐だった。
ベトナム帰還兵をゴミ屑のように扱う世間に、絶望の日々を過ごすロン。ロンは次第に酒浸りの日々を送ることで精神を病み、遂に家族からも孤立し、メキシコへと旅立った。
メキシコでの生活も自堕落なものだったが、帰還兵仲間との衝突から、ロンは意を決してウィルソンの遺族に真実を伝えに行った。ロンは遺族との対話の後、仲間と共に車椅子を操って反戦運動に立ち上がり、「今すぐ和平を」「ベトナムの兄弟を殺すな」「北爆を中止しろ」―仲間と共に、シュプレヒコールを叫びながら1972年の共和党大会に向けてデモ行進をする。

関連記事

  1. Jerry Maguire (1996) / ザ・エージェント

  2. Lions for Lambs (2007) / 大いなる陰謀

  3. Rain Man (1988) / レインマン

  4. The Color of Money (1986) / ハスラー2

  5. Rock of Ages (2012) / ロック・オブ・エイジズ

  6. Far and Away (1992) / 遥かなる大地へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。