Risky Business (1983) / 卒業白書

『卒業白書』(原題: Risky Business「危険なビジネス」)は、1983年製作のアメリカ映画である。ポール・ブリックマン監督・脚本の青春映画。シカゴの高校3年生のジョエルが、両親不在の間に巻き起こす騒動を描いている。トム・クルーズの出世作となった。彼がワイシャツにブリーフ姿で踊るシーンは有名。

 ・ amazon : Risky Business (1983) / 卒業白書

 ・ amazon prime : Risky Business (1983) / 卒業白書

 ・ Youtube : Risky Business (1983) / 卒業白書

Risky Business (1983) / 卒業白書のあらすじ

シカゴの高校生ジョエル(トム・クルーズ)は大学受験を控えて「未来の企業家研究」の授業にも出席しているが、頭の中はSEXのことでいっぱい。両親が旅行に出かけた後に、友達が彼女を連れてきて、部屋をSEX用に貸してくれと言う。それに刺激されたのか、ジョエルはますますSEXしたくなってしまう。友人が売春婦を呼ぶが、オカマだったため断り手数料を取られる。ラナ(レベッカ・デモーネイ)というジョエルの年代好みの子がいるというので、自ら呼んでSEXをする。お金が足りないことから問題が生じ、ヒモともカーチェースをしてしまう。さらに、マリファナを楽しんでいるうちに、ラナを言葉で傷つけてしまいラナに親の高級車を湖に沈められる。修理代を賄うために、ラナと共に、自宅を売春パーティの場にして一儲けを企む。その時に志望校のプリンストン大学から面接に訪問した面接官も満足したらしい。ラナと「地下鉄ラブ」と称したプレイを楽しんだりもする。家に帰るとヒモによって家具が盗まれていた。両親も帰ってくるので慌てて買い戻すことにする。満足して帰った面接官は「君こそ欲しい人材だ」とプリンストンの経済学部に合格する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Interview With The Vampire :The Vampire Chronicles (1994) / インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

  2. Top Gun (1986) / トップガン

  3. Cocktail (1987) / カクテル

  4. The Outsiders (1983) / アウトサイダー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。