Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイ

『バニラ・スカイ』 (Vanilla Sky) は、2001年のアメリカ映画である。
1997年のスペイン映画『オープン・ユア・アイズ』 (Abre Los Ojos) のリメイク作品。ストーリーはほぼ同じで、舞台をニューヨークに移しているが、同作でヒロインを演じたペネロペ・クルスが本作にも同役で出演している。
キャッチコピーは「あなたが想うあなた自身は幻に過ぎない…」。

 ・ amazon : Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイ

 ・ amazon prime : Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイ

 ・ youtube : Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイ

 ・ Hulu : Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイ

Vanilla Sky (2001) / バニラ・スカイのあらすじ

殺人容疑で逮捕された仮面の男・デイヴィッド(トム・クルーズ)と、精神分析医マッケイブ(カート・ラッセル)の取り調べ室での会話を軸に、ストーリーは進む。

出版界の王様と言われていたデイヴィッドの父・デイヴィッド シニアが交通事故で死亡し、父の経営する大手出版社の株式51%を引き継いだ富豪で若き実力者でプレイボーイのデヴィッドは、自分の誕生日パーティーで親友・ブライアン(ジェイソン・リー)の恋人のソフィア(ペネロペ・クルス)に一目惚れしてしまう。それに気付いたデイヴィッドのセックスフレンド・ジュリー(キャメロン・ディアス)は、嫉妬のあまり彼と共に自動車事故による無理心中を図ろうとするが、未遂に終わる。
運転していたジュリーは死亡し、助手席にいたデヴィッドも重体で3週間の昏睡から目覚めると、ハンサムだった彼の顔は、事故のせいで見るも無惨なものになっていた。この事故を契機に、デヴィッドの部下7人の老いた重役たちは会社を乗っ取ろうと策略するが、醜くなった顔のせいでデヴィッドの性格も段々と歪んでいく。

関連記事

  1. Eyes Wide Shut (1999) / アイズ ワイド シャット

  2. Collateral (2004) / コラテラル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。